自動ドアに嫌われているかも

ユースケ

会社の自動ドアが僕にだけ反応せず、ちょっとした小躍りをしないと開いてくれない。

毎回、小躍りをするのは結構なストレスなので、原因を追究し対策をすることを決めた。
現在考えられる原因は下記の三つ。

1.実は僕は幽霊のため、自動ドアが反応しない。(ブルースウィルス的要因)
2.自動ドアでも検知できないくらい、存在感がない。(石ころ帽子的要因)
3.自動ドアが僕に執拗なまでの敵意を持っている。(スカイネット的要因)

1.だったら嫌だな。。。心当たりがあるとすれば5年前、転んで強く頭を打った時だ。でもそれから、就職したり、転職したり、結婚したり、子供が出来たりと幽霊になってからのイベントが多すぎるので違うだろう。こんなアクティブな幽霊はいないはず。

2.確かに存在感はない。それでも、会社以外の自動ドアは僕の事を検知してくれるので違うと思う。

もう3.しかない。確かに現代は猫も杓子もIoTの時代だから、自動ドアが自我を持つ事も、ありえない話ではないと思う。この自我を持った自動ドアがスカイネット同様、全世界にミサイルを発射するんじゃないかと思うと、怖くてしょうがない。世界の平和を守るためにユースケ・コナーとして立ち上がり、この自動ドアを破壊するしかないと誓った。
なので、対策として自動ドアを破壊したいと思います。しかし、自動ドアを破壊すると会社に怒られるので、ひとまず自動ドアのご機嫌を伺う事からはじめます。

そもそも僕、自動ドアに嫌われるようなことしてないんだけどな。

ポロ
ユーさんのカオスな世界…。

1+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。