寮やきそば

ゲスト

初めまして。
いつもの記者の方たちではなく、ゲストライターのカッツンです。

ポロ
カッツン、ゲスト参加ありがとう!

私は、会社の寮に住んでいるのですが部屋には洗面台がありません。
このような環境で、ヘルシオやホットクックを使って部屋で自炊をしてます。

今回は寮という環境で、ヘルシオを使って焼きそばを作る一連の過程を写真に撮ってみました。

【室内に洗面台が無い寮で、ヘルシオを使って焼きそばを作る】

①ヘルシオで冷凍肉の解凍をする。

②解凍している間に、洗い物を入れるカゴに「まな板、包丁、ピーラー、ザル、食材、ビニール袋、洗剤、スポンジ」を入れて、大きい洗面台のある洗濯機の部屋に行く。

③食材を切ってザルに入れ、使った道具はすぐに洗剤で洗う。生ごみはビニール袋に入れて密封する。

④部屋に帰って、道具と食材を元の場所に戻し、生ごみをごみ箱に捨てる。

⑤角皿にクッキングシートを敷き、麺、野菜、粉末ソース、解凍した肉の順にのせて、ヘルシオで調理開始。
肉は使い捨てのビニール手袋を使って、後で手を洗わなくていいようにする。
ザルも細かい切れ端を全て取り除いたら、元の場所に戻す。

⑥調理中に別のことをする。(この間にお風呂に入ることが多いです)

⑦調理完了したら、別のお皿の上に角皿を乗せて、角皿のまま食べる。
(角皿のままだとテーブルが焦げるので)

⑧食事後はアルコールシートで、箸と角皿を拭く。
クッキングシートが破けないので、角皿もあまり汚れない。

⑨角皿と箸を元の場所に戻す。

寮で自炊するポイント
★できるだけ洗面台に行く回数を減らす
★角皿が汚れにくい焼きそばはとても良い

かっつん

2+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。