枝豆!「茹で」と「蒸し」どっちがおいしい?ホットクック。

ひろ
ひろ
9月初旬また、シーバスとタチウオ狙うもボウズでした・・・(;_;)のひろです。今年は、タチウオが湾奥に来るの遅いな~

毎年夏休み、小学生のころは母親の実家岩手に1か月間遊びに行くことが恒例でした。 そこでは、同じ年頃のいとこたち8人くらい集まって、みんなで早朝は森に、晩に街灯へクワガタとり、日中は川で泳いだりさかなを追いかけたりして遊んでいました。 おやつには、畑でとってきたとうもろこしを蒸してもらったり、スイカを切ってもらったり、枝豆をすりつぶしたずんだ餅を作ってもらったり、今振り返ってみるとかなり贅沢なおやつでしたね。 川で遊び疲れてたあと、昼寝から起きて台所から蒸かした枝豆のいい匂いが漂ってきたら、あっ今日はずんだ餅だなぁ~なんて。

今回、枝豆をホットクックで作ってるときにも漂ってくるいい匂いで、そんな楽しかったときのことを思い出しました。枝豆は、普段は鍋で茹でているのですが、ホットクックで蒸し焼きを作っている方の料理ブログを読んだのでチャレンジしてみました。そこに書いてあったやりかたを真似して作ってみました。

ちょっと硬い感じでしたが、味も匂い色味いい具合でした。枝豆は、茹でても蒸してもおいしいですね。我が家では、妻は「茹で」の方がぷっくりしていておいしい。子供達とぼくは、どっちもおいしくて優劣付けられませんでした。みなさんは、どっちが好きですか?枝豆といえばビールというイメージがあって夏が旬と思っていましたが、秋にはさらに甘みが増す夏と違った味わいがあるそうなのでいろんなやり方で季節の味を楽しみたいと思います。

【次回やること】

①今回は、手動無水で茹でる4分+蒸らし時間5分と短かったようなので手動無水で茹でる10分でやってみる。

②同じ豆で「茹で」と「蒸し」で比較してみたい。豆によっても違うかもしれませんね。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。