究極の味、神戸メクリアジと野菜スープ

つり
ひろ
こんにちは、最近うちの熱帯魚水槽でグッピーの赤ちゃんが生まれました!ひろです。仕事帰りに下の子からLine連絡が入りました。いや~グッピーの赤ちゃん、やっぱりかわいいですね。ネオンテトラやヤマトヌマエビに赤ちゃんが食べられてしまうので、水槽内に別の容器を浮かべてしばらく隔離することにしました。

【メクリアジの刺身】

6月下旬、神戸沖堤防でメクリアジが釣れている!との情報があり行ってきました。松村渡船の船長に乗船前「アジが釣りたいです~」と言うと、どの堤防で降りてどのあたりで竿をだすと良いか教えてもらえます。

メクリアジとは、「黄アジ」ともいわれているマアジです。浅場の瀬(*1)につくアジで神戸周辺でメクリアジと呼ばれています。体高もあり20cm以上の大きさで体が少し黄みがかっています。沖で回遊している黒アジより味が良くこの旬のときを迎えると脂がのってとてもおいしい高級魚。市場には出まわらずに料亭にしか出ないそうです。

このメクリアジは、3枚におろし、お刺身にしていただきました。

これは、脂ノリノリでほんとにうまい!!まさに、究極の味でした。

【野菜スープ】

このメクリアジに合わせ、冷蔵庫にあった野菜を使ってホットクックの野菜スープをつくりました。

野菜は適当にいれてもホットクックがおいしくしてくれるのでいつも助かっています。

野菜スープは、具だくさんのコンソメ味にしました。野菜の甘みを生かしたシンプルな仕上げでどんな料理にでも合いますよ。

【おまけ】

今回の釣行で一緒に釣ってきたガシラは、ホットクックで定番の煮付けにしました。酒とみりん醤油で味付けし、しょうがを少し入れました。ふわっとした身とガシラの出汁は、おいしくてごはんが止まらなくなりますね~

 

(*1)浅場の瀬:メクリアジの場合の瀬とは、海流のあるところ。海峡のようなところ。(話を聞いたり、ネットとで調べたぼんやり情報です。)正式に知りたい方は、調べてみてください。浅場とは言ってもぼくがいつもする堤防からの10mくらいまでの深さのところでのサビキ釣りやアジングと比較すると、とても深いところを狙うサビキ釣りでした。たぶん20~25mくらい水深があったと思いますよ。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。