胡瓜のぬか漬け

お野菜

こんにちは。ゲストライターのNUKADOCKです。ぬか漬けの魅力をみなさまにお伝えしていきたいと思います。どうぞお付き合いください!

ポロ
NUKADOCKさん、楽しみにしてました!よろしくお願いします!

このブログでは全4回を通し、古来から日本で愛されるぬか漬けの効能や現代的な付き合い方を紹介していきたいと思います。ぬか漬けに含まれる乳酸菌は野菜を美味しく食べやすくしてくれるだけでなく、腸内環境を整え、美肌効果も期待できるのです。知れば知るほどぬか漬けを食べたくなるこの魅力をお伝えしていきますね。


記念すべき第1回目で紹介するぬか漬けは胡瓜です。胡瓜には体を冷やしてくれる効果があり、酸味が魅力のぬか漬けと相性抜群。浅漬けのさっぱりした味を楽しむもよし、長めにつけた深漬けの強い酸味をキメるもよしです。わたしのお勧めは、深漬けした胡瓜にとろろ昆布をひとかけし、白いご飯と頂く食べ方です。酸味とこんぶの旨味が絡み合いご飯のお供に最高です。


胡瓜は栄養素のない野菜として世間から低い評価を受けがちです。しかし、ぬか漬けは野菜本来の栄養素だけでなく乳酸菌が発酵の過程で生産するビタミンを摂ることが可能なのです。胡瓜は元々の栄養素はないかもしれませんが、漬かりやすくぬか漬けにしても失敗が少ない野菜なのです。


ここで私が愛用しているぬか床容器の紹介です。使っているのは野田琺瑯さんのラウンドストッカーです。冷蔵庫でぬか漬けを管理される方には小さな容器がお勧めですが、大きなぬか床はかき混ぜやすく外気温の影響も受けづらく管理がしやすいです。写真に写っているのは、NUKADOCKロゴ入りのカスタムバージョンです。


次回は、茄子について語りたいと思います。

ここで少し宣伝です。NUKADOCKでは現在、ぬか漬けを始めたい方にアドバイスを提供するサービスを試しに運用しています。

もしご興味があれば下記instagramのメッセージからご連絡ください♪

https://www.instagram.com/nukadock/

2+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。