裏返さないお好み焼き

Eri
Eri
こんにちは、Eriです。
幼い頃、父に教えてもらったことがふたつだけあります。
 
ひとつはお好み焼きの焼き方。
もうひとつは卵を片手で割るコツ。
 
食卓の真ん中に置かれたホットプレートでお好み焼きを焼くのは父の役目で、
私はそれをじっと見てました。
母はヘラを二本使って裏返すけれど、父は片手でひょいと返します。
それが幼心にものすごく格好良く見えるわけですよ。たまに油飛ばされたけど。
 
私も裏返せるように半分くらいのミニお好み焼きを焼いてくれるのですが、
まぁそんな小物で納得いくはずもなく、普通サイズに挑戦して見事に崩れるというのを
何度もやっていた記憶があります。
 
 
 
あれから20年以上経って、まさか裏返さないでお好み焼き作れるようになるとは。
技術の進歩ってすごい。
 
ヘルシオで焼けてしまいました…
角皿+網+クッキングシートに乗せてウォーターオーブンモードで20分くらい。
裏までこんがり。
ポロ
なるほど!網を使って、ちょっと底面を浮かすのがポイントなんだ!
正直なめてました。自分で焼く方が120%美味くできると。粉もんは鉄板で焼くものだという関西人の自負と言うかこだわりと言うか。
うん、まぁ、意外とやるな。めっちゃふわふわやし、焼き目キレイやし。
たまにはオーブンで焼くのもいいかもしれない。
 
 
 
Eri
1+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。