まるごと味わう、のっこみチヌ(黒鯛)_出会い編

ひろ
ひろ
こんにちは、4月上旬神戸の沖堤防でライトワインド*を満喫~のひろです。これからますます釣りが楽しくなるシーズンですね。

人があまり入っていない釣り場で、初めて顔を合わせた人と、なんとな~く挨拶をしてつりの話をしているといつの間にか意気投合して一緒に釣りに行きましょう!みたいになることありませんか?2月下旬に自宅から自転車で行けるテトラ帯の釣り場で穴釣りをしていると、年配のベテランの前打ち*氏の方と釣りの話で意気投合。フカセ釣り*を教えてもらえることになりました。

もちろん狙うのは、黒鯛(チヌ)です。今回は、そのとき釣れたチヌをいただき、はじめての黒鯛料理です。この時釣れたチヌは、4尾しかもサイズがどれも45cmオーバー!!ですよ。釣り兄貴の腕前、ほんとに凄いです!

次回、料理編です。黒鯛1尾をまるごと味わうどんな料理にしたと思いますか?ぼくは、チヌを捌くのは初めてだったので魚料理の本やらYouTubeやらでどれにしようか迷いながらレシピを決めました。こんなにきれいで元気なチヌ、美味しく味わいたいですからね~

【釣り用語解説】
*のっこみチヌ:産卵のために沖から浅いところへやってくるチヌのこと。釣りをはじめてから知った言葉です。
*ライトワインド:小型のジグヘッドやワームで、ガシラやメバルなど小型サイズの魚を狙う釣り方。竿やリールなども小さめのものを使う、初心者でも簡単に楽しむことが出来る。
*前打ち:港湾や工場地帯の海岸のテトラ帯に居着いているチヌを狙って5M~6Mの竿でカニやイガイを付けたシンプルな仕掛けで釣る釣法。テトラや石畳駆け上がりの穴をつぎつぎと仕掛けを落としてまわる。ひろが今一番やってみたい釣りの一つ。
*フカセ釣り:魚を寄せるためマキエを撒いて、同時に仕掛けを一緒に潮に乗せてエサや針糸の重さだけで漂わせて魚を誘う釣り方。

1+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。