おひつのような炊飯器で作る、十六穀ごはんのおにぎり

十六穀ご飯_5
お野菜

ポロ
こんにちは、ポロです。

和の道具

従来的な炊飯器とはまるで違う、和道具のような佇まいのおひつ炊飯器、KS-WM10B。どうでしょう、寡黙でありながら存在感あるこの雰囲気。

おひつ 6

こんな”和”テイストの道具で炊くご飯ならば、やっぱり和にこだわりたい。そこで今回作るのはおにぎり。しかも、十六穀米のおにぎりです!

十六種類もの食材が入っているので、このおにぎりだけで1日の摂取目標三十品目のうち、半分以上をゲットできるのです!(本当か?)

十六穀ご飯_1

今回活躍してくれるのはこちら、混ぜて炊くだけ、簡単に雑穀米が楽しめるブレンドスティックです。洗米してセットした釜の中に一包入れて、指定の水量を加えたらあとは普通に炊くだけ。簡単便利!

そしておにぎりにはさつまいもを加えてみます。さつまいもはヘルシオでササっとふかしいもを作ります。作ると言っても、水タンクに水をセットしメニューボタンを押すだけ。こちらも簡単便利!

十六穀ご飯_2

さて、十六穀米が炊き上がりました!普通の白米と違って、少し香ばしい香りがします。それにいろいろなお豆がたくさん入っていて体にも良さそう。

十六穀ご飯_3

ふかしいもが出来上がったら賽の目に切って、内鍋の中に投入。ごま油を少量垂らして十六穀物と軽く混ぜます。あとはラップで包んでおにぎり完成です。

十六穀ご飯_4

さて、いただきます!うん、秋の味だ。ハンバーグやカレーのように、見たそばからテンションが上がるビジュアルではありませんが、一口噛み締めるとじんわりと感じる美味しさと香りが、気持ちを豊かにしてくれます。

大地の恵みが口の中いっぱいに広がる、ちょっと贅沢なおにぎりでした!

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。