ホットクックでしっとりやわらかローストポーク

お肉
ひろ
こんにちは、西宮に住むようになってから、いかなごのくぎ煮を知ったひろです。いかなごのくぎ煮は、春になると、よく近所の方からいただいたりしてごはんにのせて食べるととてもおいしい~佃煮の一種です。
でも、去年に続いて今年も瀬戸内海のシンコ漁が不漁で、通常だと1か月つづく漁期が1週間を待たずに終わってしまったと新聞に載っていました。残念だし、心配ですよね。
原因のひとつとしては、海や川がきれいになりすぎて海水中の栄養塩が低下してプランクトンが減っているのだとのこと・・兵庫の水質管理の排水基準を見直して水質改善されるようです。釣りにも影響するのでしょうか?

みなさんも、仕事や家事、趣味にと忙しい毎日を送っているかと思います。スピード重視で「時間が無い~」と振り回されている方も多いのではないでしょうか。ぼくたちの生活と料理には、この「時間」が欠けていますよね。でもゆっくりと時間をかけるほどおいしくなるお料理でもホットクックを使えば大丈夫。まかせっきりでOKです。今回のローストポークもホットクックに3時間のスロークッキングをまかせて安心してほかの家事や趣味を楽しみましょう~

ローストビーフがとてもおいしく出来たので、今回のローストポークも同じ手順でつくりました。豚肉は、牛肉より水分量も多く肉質も緻密じゃないという違いはありますがホットクックのスロークッキングがうまく作ってくれますよ。

ローストポーク用材料(4人分)

豚肉ブロック 600gくらい
ソース用材料
たまねぎ1個   :すりおろす
生姜 少し   :すりおろす
にんにく1かけ  :すりおろす(もしくはチューブにんにく)
醤油      :大さじ7
みりん     :大さじ7
塩       :ブロック肉にふりかける
こしょう    :ブロック肉にふりかける

たまねぎと生姜、にんにくをすりおろす

たまねぎ、生姜、にんにく、醤油、みりんを全て混ぜる。

豚肉にフォークで適当に穴をあけて塩コショウをふる。

ジップロックにお肉を入れる。ジップロックにソースも全部入れる。しっかり空気を抜いて口閉めます。
ホットクックの釜に水を水位線まで入れ、ジップロックを沈める。
ホットクックで設定する。
1 手動で作る
2 発酵・低温調理をする
3 62°C
4 3時間

3時間で完成です。

ホットクックで出来たあとフライパンで表面に焼き目をつけました。これは、お好みで良いと思いますが、我が家では表面に少し焦げ目がある方が人気があります。

どんぶり用の厚みにカット。どんぶりに、ごはん。キャベツをのせてローストポークをたっぷりのせます。

ジップロックに残っているソースもかけて、温泉たまごをのせた上にネギもたっぷりかけました。ローストビーフもおいしかったですが、今回のローストポークも最高でした!肉の切り口のピンクグレーと表面を焼いた匂いが食欲をそそります。かむとお肉の旨味がしっかり染み渡っていてジューシーです。このタレもローストポークにさらに複雑な味わいをプラスしてくれておいしくなります。ちなみに、ぼくはローストビーフよりローストポークの方が好きかな~どっちもおいしいけど~

フライパンで焼いてからオーブンで焼いて余熱で仕上げる作り方もありますが、火加減の調整などぼくには難易度が高すぎます。その手間な作業が、ホットクックにお任せして全部できちゃうってすごいですよね~。みなさんにも是非試して欲しいです。

2+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。