辻和金網の手編み茶こし

Eri

緑茶も紅茶も同じ茶こしつきのガラスポットで淹れているのですが、一杯だけ飲みたい時とか、ポットを洗うのすらめんどくさい時があります。あるんです。ズボラだから。

そんな時はこのちっちゃな茶こしを取り出してきます。

京都御所から南方へ走る堺町通りに工房とお店を構える辻和金網さんの茶こし。

細部の処理まで美しい手編みの銅製カゴに、目が細かく丁寧に折りたたまれたステンレスメッシュでできています。

とても丁寧な手仕事がうかがえる仕上がり。お店ではタイミングが合えば職人さんの手仕事も拝見することができますよ。茶こしの他にも焼き網や豆腐杓子・おとしぶたやコーヒードリッパーまでも。特に手編みカゴは一見の価値ありで、今度行った時には買おうかと思っています。

私はこの茶こしの他に、手付き焼き網を持っていて、たまにパンを焼いています。

話は戻ってこの茶こし、いつも使っている湯のみにジャストフィット。

ぬるめのお湯を入れて、ふわふわと茶葉が開いて香り立つのをぼんやりと眺めます。

これ、水気をよく切っておくことだけ気をつければお手入れも楽。

使い込めば銅は黒く鈍い輝きに変化していくそうです。私のはまだまだですが、楽しみ。

GWに行った金沢のお土産、レモン羊羹と一緒にいただきます。

 

Eri

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。