ホットクックでツバスの味噌煮vs漬け丼

つり
ひろ
こんにちは、ラジオ好きなひろです。最近は、らじるらじるやラジコのラジオくらうどなどインターネットを使って過去の放送も好きな時に聴きなおせるようになっています。ラジオも聞き方新時代に突入してる感じがしますよね~車での移動や通勤でのラジオの楽しみ方が変わってきました。

今年、大阪湾奥は6月くらいからツバスが良く釣れています。7月に入るとサイズも25~30cmも出てきて、ルアーフィッシングで青物のパワーのあるひきが楽しめます。

このツバスは、出世魚でツバスハマチメジロブリと大きさによって名が変わります。また地域によっても呼び名が変わるそうです。釣りを始めるまでは、ぼくも知りませんでしたが、関西ではツバス、関東では、ワカシ。ウィキペディアによると「ワカシ」の漢字に「魚夏(魚偏に夏、魚+夏)」が使われる事があるそうです。

毎週いいサイズのツバスが釣れているので、今回は「ホットクックでツバスの味噌煮VS漬け丼」どっちがうまい対決!をやってみました。ツバスは脂の旨味が少ないので、煮物や漬けがあうんじゃないかな~。

【1】ホットクックでツバス味噌煮

まずは、下処理したツバスをホットクックに味噌煮してもらいます。切り身を皮を上にしてお鍋に入れて、そこに酒・みりん・しょうゆ・さとう・みそを投入。

生姜も細かく切って鍋に入れます。

ホットクックの設定は、「さばの味噌煮」でスタート。20分くらいで完成です。

煮汁を別に作らないでやったのでうまく味噌がなじんでないですね・・・でも味は、ばっちりうまくできてます。

【2】ツバス漬け丼

ツバスは、お刺身で食べてみましたがやっぱり脂がのっていないのでもうひとつです。でもこのたんぱくさを生かしておいしくできるかもと、チヌの漬け丼を作ってみておいしかったことをおもいだして、ツバス漬け丼を作ってみました。

釣りチューバーさんの動画で紹介されているいくつか漬けタレの調味料の調合割合を見て真似してみることにしました。それでだいたいこんなもんかな~しょうゆ2、みりん1、酒1、ごま油1でやってみます。

調味料に漬け込み冷蔵庫で1日寝かせてみました。なんかいい感じかも~。

いやいや、これはどっちもおいしく出来ました。特に漬けは味も良くなり食感も引き締まった感じがしておいしい~。やっぱりツバスはお刺身よりもちょっとアレンジしていただくのがいいですね。ごちそうさまでした~また青物の引きを楽しみたいな~!

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。